MENU

ルナメアACのノンコメドジェニックテスト済みって?

ルナメアAC,ノンコメドジェニックテスト済み

 

 

 

 

「ニキビ専用の商品ってわざわざ書いているんだからニキビには何かしらいい効果があるんだろうな・・・」


 

 

 

「ノンコメドジェニック」っていう言葉、ニキビ専用の化粧品によく書いてありますよね。でもルナメアACのHPで見かけたのは、「ノンコメドジェニックテスト済み」の文字。

 

他のニキビケア商品には「テスト済み」って書いてあるのを見かけた事がないような・・・

 

そもそも「ノンコメドジェニック」ってどんなものかも曖昧なんで早速調べてみました。

 

 

 

 

そもそもノンコメドジェニックってどういう意味?

 

コメドって角栓の事で、角栓といえば毛穴に詰まっているあの白い汚れです。この毛穴に溜まった角栓にアクネ菌が繁殖するとニキビになるんですね。

 

で、「ノンコメドジェニック」っていうのは、

 

 

 

 

「【コメド=角栓】ができにくい成分を使って作られた製品を指すんですね。」


 

 

 

ただ「ノンコメドジェニック」って化粧品に書いてあるからといって安心できるっていうものではないみたい・・・ノンコメドジェニックっていうのは化粧品メーカーさんが

 

 

「これはニキビができにくい成分だ!」

 

 

って判断しているんだとか・・・つまり各メーカーさんの独自の基準で角栓ができにくいかできやすいかを決めているんですね。

 

 

 

 

「うーん、けっこう曖昧な表記だっただなんてちょっとショックです・・・」


 

 

 

やっぱりちゃんと調べないとダメですね。

 

 

 

 

テスト済みとそうでないものの違いは?

 

ではルナメルACで見かけた「ノンコメドジェニックテスト済み」はというと、「ノンコメドジェニック」とは全く別物だということ。

 

ノンコメドジェニックとはニキビができにくい「成分」のこと、ってことはさっき言いましたよね。

 

そして、その成分を使って作られた「製品」が本当にニキビができにくいのかを検査するのが「ノンコメドジェニックテスト」なんです。

 

 

 

 

 

「その検査をクリアした製品のみが【ノンコメドジェニックテスト済み】と表記できるんです!」


 

 

 

 

ちゃんとお肌に塗布してニキビができないかを検査してから商品にしていて、通常このテストではお肌の中でも毛穴や皮脂腺の多い背中を使って検査しているんだとか。

 

 

 

 

「うん、商品への信頼感や安心感が全然違いますね!」


 

 

 

ただ当然なんですけど、ノンコメドジェニックテスト済みの製品だからといって絶対にニキビができないとは限らないみたい。お肌って人それぞれですもんね。

 

 

 

 

「でもこういう基準があるっていうだけでもすごく安心!」


 

 

 

だって数あるニキビケア商品の中から選ぶのってすごく大変だし、いろいろ試したいけどニキビが悪化したらどうしようって怖くなりますもん。

 

表記ばかり見ていてニキビは治らないし最終的にはお試しキットとかを買って自分のお肌に合うかどうかを試すのが一番ですよね。

 

だからこういう基準があるってわかっただけでも選び方がスムーズになりますよね。

 

そのノンコメドジェニックの効果はどれぐらいであらわれるのか・・・下記の記事を参考にしてくださいね。

 

 

 

 

ルナメアACの口コミ

ルナメアACと比較してみた!

ルナメアACの基本情報

ルナメアACのウソ?ホント?

このページの先頭へ